一緒に食べられるって最高!!

愛犬と一緒に美味しく食べられるケーキって、思ったよりも最高でした。

一緒に食事療法を学んだお友達から、手作りケーキの指導を受けました。ギズモの顔はすべてジャガイモ。お耳の茶色はキャロブパウダー、オメメの黒は黒ゴマで色付けしています。ギズモのお顔づくりが上手くいくか不安でしたが、我ながらかわいく出来上がりました。自画自賛。野菜のケーキのお味はそんなに期待していなかったのですが、思わず「美味しい!」と声があがるような出来ばえに。自画自賛。指導してくれた、お友達ははるばる知多半島から来てくれたのにもかかわらず、食材や調理器具を持ち込んでくれて、まるで引っ越しのよう。指導内容もギブにあふれていて、人としても見習いたいことが沢山あった。そして、一番興味深かったのは、抗菌作用の高いハーブやはちみつを使うこと。この季節の手作りご飯や、外出先に持ち込む食事には、使っていきたいと思います。

指導してくれた友人は、おそらく彼女が今できる最高のものを与えてくれました。だから、フードプロセッサーを何台も持ち込み、食材はこだわりあるもので揃えてくれたのでしょう。何日もまえから準備してくれたことが、ひしひしと伝わりました。全く妥協がみえないその姿勢は、頭が下がるし見習わなければならないと感じました。

愛犬と一緒に美味しく食べられるケーキに、実はそんなに期待をしていませんでしたが、これは嬉しい誤算でした。うちのギズモは食べないかも……なんて思っていましたがすごい食いつき。クリームとして使っている裏ごししたお豆腐や、裏ごししたカボチャは、程よい甘さで口当たりも良く、ギズモは大好きだったようです。しかも、お砂糖なし、添加物なしなので、ガツガツ食べても安心です。一緒に食べられるって、飼い主の幸せ指数もかなり上昇することがわかりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です